自毛植毛のメリット・デメリットを考える

植毛のメリット・デメリット
植毛のメリット・デメリット

植毛のメリット・デメリットを考える

植毛によって、薄毛に関する様々な悩みがなくなり、自分自身の見た目が若返ることは間違いありません。

植毛の技術の発展はめざましく、驚くほど自然に自分の髪を再生させることができます

現在では、見た目の自然さはもちろん、植毛時にメスを使わず、術後の痛みもほとんどない植毛手術が普通です。

その最先端の施術を受けられるのが植毛クリニックが親和クリニック新宿、アイランドタワークリニック、TOMクリニックなのです。

これらの植毛クリニックを利用するメリットは、費用が明確であり、確実な効果を得ることができるという点にあります。

しかし、デメリットもあります。

はっきり申し上げて自毛での植毛というのは高い技術力が必要になるため、植毛費用は高額になりがちです。

高い費用を払うのであれば、しっかりとしていて信頼できるクリニックにかかることがとても大切なことなのです。

親和クリニック新宿、アイランドタワークリニック、TOMクリニックにて、自毛植毛の施術を受ける場合、グラフトの数によって費用が推移していきます。

500グラフトの場合は約70~140万円ですが、3000グラフトにもなると費用は210~420万円近くかかってきます(割引なしの場合の料金です)。

このように、自毛植毛は大変効果がある反面高額な費用がかかるので、失敗しないためにもできれば定評のある植毛クリニックを選ぶことが大切です。

このような自毛植毛の特徴としては、自分の毛を使って植毛するので、トラブルが少ないというメリットがあります。
費用は高額ではありますが、それだけ確実性が高くて安全であることがわかります。

植毛で多いトラブルは自毛の発毛に個人差が生じてしまうという点です。

これは自毛を使っているのでどうしても個人差が出てしまい、発毛が遅い人も少なからずいます。

思ったような発毛効果が得られず、遅々とする発毛に精神的なダメージを受けてしまうことがあります。

植毛に際して万が一トラブルが生じてしまっても、信頼できる植毛クリニックならすぐに熟練の石が次の手を高じてくれるので失敗が生じにくいのです。

植毛に際しては全く生えてこないというトラブルはありませんが、定着率には個人差が現れてしまいます

そういった場合はもう一度手術を受けることによって症状が改善することがあるので、安心して任せられるクリニックを選ぶことがとても重要です。

またどんな手術であっても、植毛手術後のケアが必要です。

ほとんど日帰りの手術ですが、頭皮が赤くはれることが多いので、場合によっては1週間以上、包帯もしくは帽子をかぶって生活することになります。

したがって、会社勤めの方など気になる方は、数日の休暇を取ることをおすすめします。

自毛植毛のメリット・デメリットまとめ

植毛のメリット
・薄毛(禿)に関するさまざまな悩みが解消される
・カツラ(ウィッグ)と比較すると風や水を気にせずに髪の毛が自然
・費用が明確であり確実な効果を得ることができる
・自毛植毛の場合は自分の毛を使って植毛するのでトラブルが少ない
植毛のデメリット
・植毛費用が高額になりがちである
・発毛・定着率には個人差が現れる
・植毛手術後は傷が残ることがあり、回復するまで時間がかかる

植毛クリニックのおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です