効果について:三回目の治療(約2ヶ月後)で発毛確認の例がある

幹細胞から抽出した成長因子にビタミン・アミノ酸などの栄養成分を加えたHARGカクテルを頭皮に注入することで、毛母細胞を刺激して毛周期を正常化し、発毛を促進するハーグ療法。再生医療を応用した最新の薄毛治療として注目されています。副作用もなく、自毛植毛のように患者さんの身体に負担となることもなく、またメソセラピーのように女性に使用できない薬剤を含むこともないので、薄毛に悩む女性も安心して受けることのできる治療法です。
ハーグ療法の発毛効果は、だいたいどのくらいで確認できるものなのでしょうか。通常、クリニックでは1か月おきに6回治療を受けることを推奨していますが、実際には3回目の治療、つまり治療開始から2カ月後には発毛確認できる例もあります。平均的には3カ月程度で発毛が見られ、効果を確実にするために6回継続するのがよいとされています。ただし発毛確認するまでの期間には個人差があり、6回目でようやく確認できるという人もいますから、あきらめずに続けることが大切です。各クリニックでは3回、4回、6回などさまざまなコースを設けており、事前の診断やカウンセリングによって治療計画が決められます。ハーグ療法の最終的な発毛確率は99%と言われており、ほぼすべての人に効果が期待できます。
ただしAGA(男性型脱毛症)の場合は、内服薬のプロペシアを併用した方がよい場合もあります。ハーグ療法にはAGAの脱毛メカニズムそのものに働きかける要素が薄いため、発毛効果はあっても脱毛を防ぐ力は弱いからです。併用することによってより高い治療効果を得ることができます。また、ハーグ療法は年齢に関係なく効果のあるものではありますが、細胞が活性化しやすい若い人の方がより効果が出やすいという特徴があります。また、いったん治療が完了しても、その後加齢に伴って至極緩やかにではあるものの徐々に薄くなっていく可能性があります。クリニックはアフターケアのしっかりしているところを選ぶと後々安心です。

関連ページ

植毛のデメリット:30〜35%の密度アップが限界
若くして薄げに悩む男子を救うべく設置された最新のハゲAGA治療を実践する自毛自植とハーグ研究センター
効果について:一本の注射が一ヶ月持つのかという疑問
若くして薄げに悩む男子を救うべく設置された最新のハゲAGA治療を実践する自毛自植とハーグ研究センター
育毛剤の効果がないのでHARG治療をした男性(30代)の体験談
若くして薄げに悩む男子を救うべく設置された最新のハゲAGA治療を実践する自毛自植とハーグ研究センター
円形脱毛症の改善にHARG治療をした男性(40代)の体験談
若くして薄げに悩む男子を救うべく設置された最新のハゲAGA治療を実践する自毛自植とハーグ研究センター
福岡での自毛植毛のメリット
若くして薄げに悩む男子を救うべく設置された最新のハゲAGA治療を実践する自毛自植とハーグ研究センター