効果について:一本の注射が一ヶ月持つのかという疑問

成人男性が発症する薄毛にも様々なものが存在します。育毛や発毛のためにはその症状を引き起こす原因を特定した上で、それを改善するための対策を講じていくことが不可欠となります。その意味でも、もしも本格的に治したいと思うのであればクリニックで専門治療を受けるのが最適と言えるでしょう。

 

一般的な薄毛治療としては、生活指導によって様々な悪習を直したり、頭皮の毛穴が皮脂やゴミなどで詰まっていればそれらを綺麗に洗い流すなどの方法が採られます。またAGA由来の薄毛ならばプロペシアと呼ばれる飲み薬を処方することで男性ホルモンの過剰な働きを抑えて、頭髪の成長を妨げる物質が出るのを抑え、なおかつミノキシジルによって頭皮の毛細血管の血流を活発化させて頭髪が過不足なく栄養分を補給できるようにします。

 

これらの施術で効果のない時に取り入れてみたいのがハーグ療法です。これはHARGカクテルと呼ばれる幾つもの成長因子を配合したものを頭皮に注射し、徐々に以前のように正常な頭皮になるように細胞分裂を促し、毛法の再生を試みて、環境を整えていくという施術法のこと。再生医療の技術を取り入れた最先端の選択肢と言われています。このハーグ療法は一度注射しただけでは効果はなく、持続的に注射を打ち続けることによって少しずつ望むべき状態へと改善していきます。その目安としては一ヶ月に一回とされています。

 

中には一本の注射が一ヶ月持つのかという疑問を持たれる方もいらっしゃるようですが、カクテルの効果は確実に頭皮組織へと影響を及ぼしています。ここで何らかの発毛効果が得られたとして、毛乳頭から毛穴まではだいたい5ミリほどの距離がありますので、新たに生まれた毛髪が成長して毛穴から外部へと顔を出すまでには2週間ほどの時間が必要です。そのため、ハーグ療法を通じて効果が実感できるのは個人差はあるものの、3回目か4回目頃になると言われます。

 

ですから成長因子は何も数多く注射して補充すれば良いというわけではなく、必要な分量だけを適切に補充してその効果が引き出されるのをじっくりと待った上で2回目、3回目の施術を重ねていく必要があるのです。こうして6ヶ月間でワンセットとなるケースが多く、この時期になるとある程度の効果が実感できることでしょう。

関連ページ

植毛のデメリット:30〜35%の密度アップが限界
若くして薄げに悩む男子を救うべく設置された最新のハゲAGA治療を実践する自毛自植とハーグ研究センター
効果について:三回目の治療(約2ヶ月後)で発毛確認の例がある
若くして薄げに悩む男子を救うべく設置された最新のハゲAGA治療を実践する自毛自植とハーグ研究センター
育毛剤の効果がないのでHARG治療をした男性(30代)の体験談
若くして薄げに悩む男子を救うべく設置された最新のハゲAGA治療を実践する自毛自植とハーグ研究センター
円形脱毛症の改善にHARG治療をした男性(40代)の体験談
若くして薄げに悩む男子を救うべく設置された最新のハゲAGA治療を実践する自毛自植とハーグ研究センター
福岡での自毛植毛のメリット
若くして薄げに悩む男子を救うべく設置された最新のハゲAGA治療を実践する自毛自植とハーグ研究センター